2019年03月

3月13日オープン戦対広島 課題と期待

今日も昨日に続きオープン戦対広島

結果からいくと

1対5で敗戦

昨日は13対0と大勝したが今日は打線が沈黙

先発上沢も4回4失点と結果を出せなかった

トピックスを簡単にまとめる


上沢、課題は?

前回登板ではストレートを打ち込またが、今日もストレートに精彩を欠いた

コントロールもそうだが、スピードにバラつきがある

最速は144キロと悪くないが130キロ前半のストレートもあった

結果、被安打7のうち3本がストレート

そして球数も4回で99球と多い

決め球をファールで粘られ、6奪三振は奪ったが、苦しいピッチングだった

ただオープン戦だけあって課題のストレートを多投し克服しようとする姿勢が見られた

開幕が内定しているだけあって実戦での調整もあと僅か

課題を克服し、開幕までに完璧な状態にしてほしいところ



好調なオニギリ君

打線が6安打1得点と沈黙したが、横尾一人だけ猛打賞と好調をキープ

今日の試合でオープン戦は
8試合28打数12安打3本塁打
打率.429 三振3

ホームランを出ており、高打率

何より三振が少ない

以前テレビのインタビューで今年の打撃について聞かれ

「コンパクトにシンプルに打つことを心がけている。大振りしない中でもホームランが出ており感覚が良い」

と答えていた

確かにコンパクトなスイングによりインコースも上手くさばけている

今日もインコースのボール球の球を腕をたたんでコンパクトにレフト前ヒットにする場面があった

明らかに昨年までとはスタイルが変わっている

このスタイルを貫けば高打率は期待出来るのではないか

ただコンパクトにした事で今の所はホームランが出ているが、コンスタントに打つことが出来るか

やはりオニギリ君の持ち味は一発

このスタイルでホームランが出続けてくれる事に期待したい



投手陣の開幕争いは熾烈


今日の投手リレーは

上沢→立田→上原→石川

上沢、石川は先発、抑えで濃厚だろう

立田はおそらく1軍の主力相手に登板し経験を積ませる事を目的とした起用に見えた

1回1失点だったが、先頭打者に四球を出すなど課題は残った

上原は2回無安打無失点

昨シーズンも先発として安定したピッチングを見せていたが今年もここまでは安定している

何より今日の試合では力のある球を投げていた

ストレートは最速148キロでバッターの振り遅れが目立った

腕の長さ、身長の大きさ、スリークォーター気味の独特な投球スタイル

これに球の力が加われば打ちにくいのは間違いない

先発でも中継ぎでも使いたくなる投手だ

開幕ローテに食い込むか、中継ぎとして経験を投を積ませるか、見所の1つである

おそらくだが、
上沢、金子、マルティネス、有原

ここまでは開幕ローテが当確だと思っている

残る枠は2つ

好調を見せる斎藤佑樹、外国人のバーベイト、ロドリゲス、サウスポー加藤、杉浦、など実績のある投手もいる

これに若手の上原、宮台、ルーキーの吉田も楽しみな存在

先発投手を任せたい投手は多い

中継ぎも好調な選手が多く投手陣は盤石だが、その分レギュラー争いも熾烈

開幕1軍、先発ローテはどうなるか

投手陣の争いにも注目である

ランキング参加してます!!
1クリックがブログを書く励みになりますので手間かもしれませがポチッとしてくれたら嬉しいです(˶ ̇ ̵ ̇˶ )
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

3月12日 オープン戦対広島 開幕スタメンが固まってきたかな?

今日のオープン戦は対広島

セ・リーグ3連覇中と実力のある球団に対するため日ハムの実力を試せる場でもある

結果は

13対0

の圧勝だった

今日のトピックスは以下の通り


好調な主力たち、開幕スタメン確定か?


まずは、実戦ではずっと好調な主力たちを紹介

侍ジャパンから復帰した西川、近藤が今日の試合を終えてそれぞれオープン戦打率4割、5割

怪我から復帰した中田も今日1安打放ち打率.375

大田も好調キープで.550

横尾はオープン戦3本目となるホームランを放ち.375

サードでも活躍を見せてる浅間は今日は外野手としてマルチ安打で打率.444

ここまではおそらく開幕スタメンが濃厚なのではないかと思う

選手会長の中島も打撃が復調ぎみでライバルの石井や谷内がよほど好調でなければ開幕スタメンは固いか?

いずれにしろ今日も打線がつながり大量13得点と非常に頼もしい



盤石のリリーフ陣


先発ローテ候補マルティネスが4回無失点で試合を作り、中継ぎ陣が

ハンコック→西村→藤岡→浦野→鍵谷→公文

とリレーし完封

マルティネスの順調な仕上がりは頼もしい

それ以上に日ハムといえばで中継ぎリレー

やはりここは真骨頂であるが、今日は完封リレーと持ち味をそれぞれ発揮し日ハムらしい野球だと感じた

今日は大量得点だったが、ロースコアであればあるほど頼もしい中継ぎ陣が後ろに控えてくれると安心して試合を見てられる

勝ちパターンのリリーフ争いは激化しているが、それも強いチームとなるためには必要不可欠

直近まで打ち込まれていた公文が最終回に登板し1回を無安打無失点に抑えてくれたのも良いニュース

ハムの選手たちみんな調整は順調にすすんでいそう

ランキング参加してます!!
1クリックがブログを書く励みになりますので手間かもしれませがポチッとしてくれたら嬉しいです(˶ ̇ ̵ ̇˶ )
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

3月10日 オープン戦対オリックス 止まらない大砲

今日のオープン戦は対オリックス

結果は

5対7で敗戦

まあオープン戦なので勝敗よりも内容が大事

今日のトピックスをまとめてみます


先発ローテ候補と左右キラーの二人

今日の投手リレーは

有原→金子→秋吉→宮西

前二人は先発ローテ候補で後ろ二人は勝ちパターン、もしくはワンポイントのリリーフとしても期待される二人

まずは有原

結果は
4回2失点5被安打7奪三振2四球

この結果を見て、三振の多さが好印象

昨シーズンまでは解説陣からも四球、三振の少なさを指摘されていた

これは四球を恐れてストライクゾーンにボールが集まりがちになるということ

その結果、集中的に打ち込まれる事が多く、よく大量失点もしていた

しかし今日は思い切ってコースを攻める場面が多く四球は出してしまったが7奪三振とれた

やはり球の力、変化球のキレは持ち味のため、このままこれを活かし三振を取れる投手になってほしい


続いて先発ローテ候補の金子

結果は
2回2失点4被安打2奪三振1四球

要所で持ち味の精密機械っぷりを見せ隅を突くピッチングを見せたが、甘く入ったわずかな球をオリックスが逃さず打ち4被安打2失点につながった

しかし球は走っており、三振もとれてるため状態的には問題ないだろう

後は甘い球を極力減らすべく精度をあげていけるか

先発ローテとして心配は無さそう


続いては新加入の秋吉

結果は
1回2失点3被安打2奪三振


秋吉は右のサイドスローを活かした右打者へのワンポイント登板、また実績は十分なため勝ちパターンとして1回を任せたい候補の1人

今日はあっさり2連続三振で2アウトとるもののそこからホームランも連打で2点をとられた

気になったのが、2連続三振を取った2人が左打者ということ

ストレートがシュート気味に流れ、左打者から見ると逃げていくような球になり非常に打ちづらそうだった

そしてホームランは右打者に甘い球を打たれた

得意の右打者ということで気が抜けたのかもしれないが、しっかり得意のスライダーなどを投げ込んでいけば右打者は打ちにくいはず

右のサイドスローの投手は数少ないため、しっかりと自分の球を投げる事が出来れば右左関係なく1回を任せられる投手になりそうだ


最後は宮西

結果は
1回1失点1被安打

歴代最多ホールドの記録もあり、日本一の中継ぎといっても過言ではない

今年も間違いなく中継ぎの主力として期待されるがこちらも甘く入った球をホームランにされてしまい1点を失った

全体的に甘い球が多かったのが気になるがそれでも抑えられるのは左サイドスローで独特の軌道で球が来るため打者は打ちにくいのだろう

今年もフル稼働でお願いしたいところ


絶好調の大砲

大砲とは大田の事

これまでの実戦でずっと好調をキープしているが今日の成績は

2打数2安打2本塁打2打点

文句なし、完璧な内容

そしてホームランの中身も右中間、左中間と打ち分け広角に打てる事も証明

調子が良すぎて怖いくらい

ボール球はしっかりと見極め、ストライクゾーンに来ても自分の狙っている球以外は振らないようにしてるのが見てて分かる

おそらく調査が良くボールがしっかり見えてるのだろう

後は怪我さえなく、状態をキープしてほしいところ


ランキング参加してます!!
1クリックがブログを書く励みになりますので手間かもしれませがポチッとしてくれたら嬉しいです(˶ ̇ ̵ ̇˶ )
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

3月9日 オープン戦対阪神 ノーヒットノーラン継続中

今日はオープン戦対阪神

結果は3対3で引き分け

ロースコアのゲームであったが見所はたくさんあった


続くノーヒットノーラン

今日、日ハムは斎藤佑樹が先発

早稲田実業学校で優勝を果たしたマウンド以来の甲子園先発マウンドということで注目が集まった

昨日の記事でも斎藤について書かせてもらい個人的にも注目していた


今日の結果からいくと

2回無安打無失点3奪三振

2回ながらパーフェクトピッチング

今年に入り実戦3戦目だが、ここまでノーヒットノーラン投球が続いている

結果だけでいけば開幕1軍、先発ローテーションは間違いないのではないか

前回登板でもそうだったが、今回の登板含めて三振がしっかり取れている

それだけ球の伸びてあったり変化球のキレが良く状態がいいのだろう

阪神の選球眼の良い鳥谷に対し、ワンバウンドしそうなボール球を振らせ三振を奪ったのがその証拠

しかし試合後のコメントでは

内容はすごく良いわけではないが、気持ちで抑えた

と語り、これまで毎試合後同じようなコメントを残し課題を見つける

結果はこれまでで言うことないが、間違いなく投げる度に内容が良くなっている

もしかすると今年の日ハム優勝の鍵は斎藤が握っているかもしれない


2人の主砲、共演

怪我から復帰した中田が早速魅せてくれた

3打席目にレフトスタンドへソロホームラン

怪我の影響心配なく、綺麗な放物線でスタンドを悠々と超えていった

もう1人の主砲は大田

こちらはずっと状態が良く、今日もホームランを放ち好調ぷりを見せつけた

右の長距離砲といえば、やはり中田と大田が第一に浮かぶ

もちろん横尾なども存在感は見せている

しかし中田、大田にはやはり別次元のパワーを感じる

中田はどこまでも飛びそうな綺麗な放物線や打席での威圧感は主砲ならではのもの

大田はとにかく打球が強い、速い

唸るように打球が飛んでいくイメージ

清宮が離脱し長打力不足が懸念される中、2人の主砲に期待したい


粘り強く、日ハムの野球

結果引き分けではあったが、2対3から9回の表で同点に追いつく
そしてその裏をしっかり抑え引き分けに持ち込んだまさに粘りが見られた試合だった

9回表はまず、谷口がヒットで出塁

続く石井が手堅く送りバント

ワイルドピッチでチャンスを広げ、谷内がしぶとくライト前タイムリーで同点とした

オープン戦ながら確実に1点を取る送りバントを選択

石井は決めたが、かなり緊張しただろう

この緊張感のある場面でバントを石井にさせる当たりに栗山監督の育成の姿勢も感じる

この経験をした石井は並大抵の場面ではバントは失敗しないだろう

谷内も打撃不調だったが、1打席のチャンスをものにし本人としては粘り強くレギュラー争いに食らいついた

1点をしっかりと確実に取りにいく

今年も日ハムのこの野球は貫かれそうだ

ランキング参加してます!!
1クリックがブログを書く励みになりますので手間かもしれませがポチッとしてくれたら嬉しいです(˶ ̇ ̵ ̇˶ )
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

斎藤佑樹、成長の裏には

開幕まであと少し

主力や新戦力が結果を出す中、気になる選手が1人

斎藤佑樹

ずっと期待はされるも、思うようにいかないシーズンをこれまでは過ごしてきた

しかし今年は一味違う気がする

実際にここまでの実戦では

5回を投げ無安打無失点

完璧な投球を見せている

まだ試合数が少なく、はっきりとは分からないが斎藤が変わったように感じている

その理由を個人的に勝手に考えたのでまとめまます

栗山監督の育成

昨シーズンまでも斎藤に対し栗山監督は積極的に1軍で起用するなど期待をずっと表していた

なかなか結果に結ばない中、斎藤の持っているポテンシャルを引き出そうと粋な采配を見せている

今年初の対外練習試合(対韓国プロチーム)で先発を任せ、今年の実戦開幕投手となった

プレッシャーと期待を背負わせ、どう乗り越えるか本人に成長させるチャンスを与え続けている

そして明日9日は甲子園で阪神とのオープン戦

ここでの先発投手も任せられてる

斎藤にとって甲子園は優勝を果たした思い入れのある地

ここでの先発は優勝を果たしたその試合以来のもの

何かを感じてほしいという栗山監督のメッセージが感じ取られる起用だ

栗山監督の采配で遅咲きの斎藤と言われる事ができるか

甲子園での登板が楽しみだ


新加入金子の存在

オリックスから加入した金子

先発ローテの枠を争うライバルになるも思いきや、斎藤は金子に対し積極的にアドバイスをもらっている

金子はストレートで押すタイプではなく、多彩な変化球、一つ一つのキレとコントロールで勝負する投手

スタイル的には斎藤と似ている

だからこそアドバイスをもらいたかったのだろう

斎藤は

「投球の組み立て方は金子さんから学ばせてもらってる」

と語った

さらにその組み立て方の一部を語り

「まずはストライクゾーンに力強く球を投げる。ファールで自然とカウントがとれる。最後に得意の変化球を振らせれば三振がとれる。」

これまでの実戦で奪三振が多いのが納得できる

確かに、昨シーズンまでは際どいコースを攻めすぎるばかりにカウントを悪くし四球で苦しむ場面が多かった

しかしこれまでの実戦では、その組み立てを実践して結果を出し、斎藤の言うとおり三振も取れてる

他にも投球術について金子に聞いてるみたいだが、企業秘密だそうだ

金子の存在は周りにもいい影響を与えてそうだ


斎藤の本気度

最後は今シーズンにかける斎藤の想いが本当に強いことがここまでは結果につながってると考えている

30歳になり勝負の年とも本人が言っている

どうやったら成長できるかを考え、フォームを変えるだけではなく、上に書いたように金子に聞きに行く、激しいトレーニングなど出来ることは全てやっている

その気持ちや練習の成果がここまでは結果として現れている

ハンカチ王子、佑ちゃんフィーバーのような輝きを取り戻せるか

まずは甲子園での登板に注目だ

ランキング参加してます!!
1クリックがブログを書く励みになりますので手間かもしれませがポチッとしてくれたら嬉しいです(˶ ̇ ̵ ̇˶ )
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

ギャラリー
  • キャンプ終了の裏側
  • キャンプ終了の裏側
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • 球持ち?キレ?伸び?
カテゴリー
お問い合わせ