吉田輝星がコツコツと馬力を上げ始めている

甲子園が終わり、太ったとの意見が多く見られた

前中日監督の落合博満さんもとあるラジオ番組で

もうちょっと練習しろよと思う
走ってる様子が見られない
オフだから気が抜けてる

など体型が変わった吉田輝星に対し厳しいコメントを出した

しかしここへ来て身体が元に戻り始めるどころかたくまくしさが見られる

お尻周りは104センチ
高校時代は100センチ未満

下半身周りは球速やスタミナアップには必要不可欠なもの

特に良い投手ほどお尻周りがしっかりしてるとも言われる

身長176センチとそこまで大柄ではない吉田が甲子園での活躍、豪速球を繰り出す投球が出来たのは下半身の強さがあってのもの

お尻周りは太るだけでは大きくなるわけなく、スクワットなどウエイトトレーニングの賜物である事は予想できる

吉田は甲子園で881球投じたが、お尻周りの強化によりさらにスタミナがついたか?

顔などはこの自主トレに合わせて締まってきており、おそらく身体を大きくするために一時的に食事量を多くしたため太ったと言われたのだろう

栗山監督も新人合同自主トレを見て

身体もいい感じに締まり表情もいい

とコメントしている

まだ高校生であるが、仮にこういう身体にしていきたいと理想を立て、それに向かって食事管理やトレーニングを実施し一つのお尻を大きくするという目標を達成したとする

こう考えれば計画力と実行力にも非凡なものを感じる

オフに太ったと言われた人たちに見返すような活躍がすぐに見られるかもしれない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング