来季へ向け着々と戦力を整えつつある日ハム

大きな戦力ダウンといえばやはりレアードの退団

日ハムで最も長打力のあるバッターがいなくなる事で得点不足が懸念される

実際にレアードが怪我で離脱した今シーズン終盤は得点不足に泣いた

レアードが抜けた終盤20試合の1試合当たりの得点は3.2点(20試合で64得点)

今シーズンのチームの1試合当たりの得点は4.1点(143試合589得点)

レアードがいないだけで1試合1点ほど違うという計算になる

1点で泣くゲームも数多い事からやはりレアードの抜けた穴は大きい

プラスの戦力でいうと打者はワンボーロンか

ミート力はかなり高そう

しかし1年目から日本の投手にアジャストしてホームランを打てる選手になれるかというとやはり難しいだろ

ヤクルトからトレードで移籍した谷内は守備力に定評がある選手

こうなると現状の選手で本塁打を打てるポテンシャルを秘めた

中田、大田、清宮、横尾

これらの選手がキーマンになるだろう

力だけで考えればシーズン30本塁打打てる選手たち

西川、中島、近藤など出塁率の高い選手を活かすも殺すもポイントゲッターとなる長打力のある選手がキーマンとなる

レアードの1発で試合を決めた試合を何度も見た

やはり1発の力は大きいためキーマンたちがいかに長打を打てるか来シーズンの鍵になりそうだ

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング