則本を超えるポテンシャル 吉田輝星

何かと注目を浴びるドラ1ルーキー吉田輝星

2回目のブルペンへ入った昨日、その投球内容にまた注目が集まった

吉田のキャッチャーを務めた人が言うには

「指にかかった時のボールは140キロ中盤出ている」
「一球一球の質がいい」

と早くも活躍を期待してしまうようなコメント

吉田自身は7割の力で投げたと言っているため10割出せば150キロは簡単に超えるのでは?

高校時代は最速152キロだったが、下半身の強化、これまでのトレーニングでさらに進化してる可能性大

筆者も映像で投球練習の様子を見たが、直感的に楽天の則本に似てる?と思った

まず似てるポイントが体型

則本 178センチ 82キロ
吉田輝星 176センチ 81キロ

どちらも体は大きい方ではないが球の質で勝負するタイプではないか

則本といえば4年連続パ・リーグの奪三振王に輝いており伸びのあるストレート、落差のあるフォークを武器とする

吉田も甲子園ではほとんどの三振を伸びのあるストレートでとってきた
あとは曲がりの大きいスライダーを武器としている

ストレートに関しては本当に則本に似ている

則本は球の伸びにプラスして最速158キロと速さもある

そのえげつないストレートと同じ軌道で落とされるフォークもあり打者が惑わされるところが三振を量産できるポイントだろう

吉田もこれから体を作り、フォームの研究、トレーニングを積んでいけば球速はアップするだろう

後は変化球は覚えるに越したことはないが、やはりストレートを磨いてほしい

個人的に、則本と比較するとボールへの指の引っかかりや球の出所(則本より吉田の方が上から投げてるイメージ)を考えると、吉田の方が回転数や伸びがある気がさえしている

イベントにも引っ張りだこであり人気が先に出ている感じもあるが、その実力は確かであるのは間違いない

吉田の進化に目が離せない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

日ハムの宝、大谷翔平 来年度への期待

メジャーデビューとなった今年度の大谷
投手では
10試合 4勝2敗 防御率3.31

打者では
114試合326打数93安打打率.285
22本塁打10盗塁

見事に二刀流で活躍しメジャーでは新人王
日本でも様々な賞を獲得し、日本のスポーツ選手の顔となった

そうなると来年度の活躍が気になる

1年目から二刀流ながらホームラン22本放った

個人的には40-40を達成してほしいと思っている

40本塁打40盗塁の事だがプロ野球界で達成している人はまだいない

メジャーリーグでも4人しかいない

今年の本塁打率でいくと、メジャーの平均打数600〜650で考えた場合
40〜44本塁打打てる計算になる

研究される成績が落ちる場合もあるが、メジャー1年目でこれだけの成績を残し適用されてしまっては投手も研究しにくいのではないか

さらに大谷の能力は上がると考え、打者一本で打者の練習に集中出来ると考えれば来シーズンは40本塁打は、軽く超えそう

盗塁に関しても今シーズンは10盗塁で1回しか失敗してない

大谷の足の早さは日本プロ野球時代から注目されており日ハム選手も比較すると
打ってから1塁ベースに到着するタイムは西川、中島を上回っていた

問題は盗塁の技術

今シーズンはクイックモーションが遅い投手の時のみ盗塁していたようだ

投手もやっているため怪我を考慮し無理をさせないために盗塁の企画を減らしていたのだろう

来シーズンはどうだろうか?

投球練習に使っていた時間を少しでも盗塁の技術習得に回せば大谷の俊足、集中力、非凡なセンスを考えると40盗塁は超えれそうな気がする

欲を言えば50-50も達成できるポテンシャルもあると筆者は考えている

イチローも大谷の二刀流に関しては絶賛し
打者、投手、それぞれで1年通して集中して取り組めばどちらでも最高のタイトルを取れるポテンシャルがある
とコメントしている

来シーズン、打者一本でいく大谷がどれほどの成績を残すのか
楽しみで仕方がない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

大田がサードを練習する理由

レアードが退団し、4年間守り続けたサードに誰がつくのか

ニュースなどを見てると、大田、近藤、浅間などの外野陣がサードの練習を始めているようだが大本命はやはり横尾だろう

レアードが怪我で抜けてからはサードを守り、クライマックスで2本のホームランを打つなど存在感を発揮

守備も安定感が増した今季の活躍もあり、今後の練習試合、オープン戦で調子の良さをアピール出来れば高い確率で開幕サードは間違いないだろう

渡邉諒も昨季セカンドでブレークしサードも何試合か守ったが、手薄なセカンドでの出場が固い

本人も開幕からセカンドでスタメンとして出れるようにと練習に励んでいるとコメントしている

石井一成や杉谷などもサードの出場があったが開幕スタメンも任される程の活躍はしていない

ダークホースは個人的にはドラ2ルーキーの野村

栗山監督が打撃練習を見て
フォームに関しては修正するところがない
と太鼓判を押す

高校通算58本塁打とパワーは十分

甲子園で活躍したスター性、メンタルの強さも十分

ここまでで気づいた方もいるかもしれないが、サードが手薄すぎる

手薄なサードが原因で外野陣が練習しているのは確かだが、本当の理由は内野手に危機感をもたせるためではないかと考えられる

特に年齢的にも立場的にもすっかり日ハムの中心選手となった大田

近藤や浅間に比べると未だにサードの練習を精力的にやっているとニュースで絶え間なく聞こえてくる

本人のコメントではサードの練習が外野でのゴロのさばきにもつながりプラスになっていると言っている

しかし自分が精力的にサードを練習することで横尾はじめ内野陣がどう思うかは想定しているだろう

後輩たちに危機感を持たせるため、チームを底上げする気持ちがあるのは間違いない

開幕サードの座に目が離せない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

日ハムの強さの秘訣は「絆」

今日、録画しておいたバトルスタジアムを見た

日ハムからは西川、上沢、近藤の3選手が出場

メイン競技は4競技

「投」「技」「頭脳」「絆」

サブでティーバッティングで飛距離を競うシミュレーションゲームみたいなのもあった
これには西川と近藤が出場したが、それぞれ山田、柳田に敗れた(相手悪すぎ。笑)

このサブの競技には罰ゲームがあり
西川は暴露話で契約更改時、年俸が決まる時の心境を話した
内容は尋常じゃないほど汗が出るため薄着で行くなど具体的だった。笑

近藤は財布の中身を見せる罰ゲーム
ものすごく小さい折りたたみ財布に2万7千円だけ入っていたのは笑ってしまった


メイン競技を振り返る

「投」には上沢が出場

この競技はストラックアウトが複雑になったようなもの

持ち玉8球、制限時間45秒

的は点数に応じて大きさが変わる仕様

優勝はロッテの涌井だったが、上沢も1番小さい的に当てるなどして会場を沸かせた


「技」には西川が出場

こちらはスピード、パワー、守備力が問われる競技

守備力では杉山愛さんの高速サーブをキャッチしてゴールネットに送球

このサーブに競技者たちが苦しむ

西川もスピード、パワーは難なく乗り越えたが、サーブに苦戦

決勝に進めず敗れたが杉山愛さんにクレームを言うなど話術で会場を沸かせた。笑

この競技ではロッテの藤岡が優勝


「頭脳」は近藤が出場

こちらは新競技で画面に映しだされた物を3秒で記憶し、2つの選択肢から映像と同様の物を当てる競技

あまりスポーツとは関係なさそうだが、近藤の記憶力が良く、決勝まであと1歩のとこまで迫ったがロッテの井上に敗れた

ロッテの井上と一騎打ちとなった問題は12球団のロゴの配置を記憶する問題だった

視聴者目線で見ると激ムズ問題だったが、ロッテとヤクルトのロゴの配置が変わる問題だったためロッテの井上はラッキーだったかもしれない

決勝に進んだ井上は勢いそのままにこの競技で優勝

3種目終わってロッテが全て制覇するという展開


なんとか全種目制覇は阻止したい4種目の「絆」

絆では3人1組の出場で西川、上沢、近藤が出場

内容はトラックを全部で3周する
1周目は1人で走る
2周目は2人でムカデ競争
3周目は3人でムカデ競争

セ・リーグ、パ・リーグの2グループに分かれ1番タイムが早かった球団が優勝

1周目の西川が2番手の位置につける

上沢が西川と合体し2周目
素早く合体したため走り出した時点で1番手の位置につける

1番手のまま近藤もスムーズに合体しこのグループでは1番手でゴール

タイムでもセ・リーグ1番手のヤクルトを上回り優勝

日ハムの強さの秘訣でもある絆の深さを改めて感じられた

終始笑顔で楽しそうに走っている姿が印象的だった

西川もロッテの4連覇は避けたいので良かったとコメント

日ハムがロッテの全種目制覇を阻止した

見入ってしまい皆さんにも報告したいと思いブログに書かせてもらいました!

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

お尻周り=馬力

吉田輝星がコツコツと馬力を上げ始めている

甲子園が終わり、太ったとの意見が多く見られた

前中日監督の落合博満さんもとあるラジオ番組で

もうちょっと練習しろよと思う
走ってる様子が見られない
オフだから気が抜けてる

など体型が変わった吉田輝星に対し厳しいコメントを出した

しかしここへ来て身体が元に戻り始めるどころかたくまくしさが見られる

お尻周りは104センチ
高校時代は100センチ未満

下半身周りは球速やスタミナアップには必要不可欠なもの

特に良い投手ほどお尻周りがしっかりしてるとも言われる

身長176センチとそこまで大柄ではない吉田が甲子園での活躍、豪速球を繰り出す投球が出来たのは下半身の強さがあってのもの

お尻周りは太るだけでは大きくなるわけなく、スクワットなどウエイトトレーニングの賜物である事は予想できる

吉田は甲子園で881球投じたが、お尻周りの強化によりさらにスタミナがついたか?

顔などはこの自主トレに合わせて締まってきており、おそらく身体を大きくするために一時的に食事量を多くしたため太ったと言われたのだろう

栗山監督も新人合同自主トレを見て

身体もいい感じに締まり表情もいい

とコメントしている

まだ高校生であるが、仮にこういう身体にしていきたいと理想を立て、それに向かって食事管理やトレーニングを実施し一つのお尻を大きくするという目標を達成したとする

こう考えれば計画力と実行力にも非凡なものを感じる

オフに太ったと言われた人たちに見返すような活躍がすぐに見られるかもしれない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

新人合同自主トレ開始 対象的な2人

日ハムの新人選手が鎌ヶ谷で合同自主トレを開始した

高卒新人が5 大卒1 社会人1 BCリーグ1
という人数構成

最年長は社会人出身の生田目とBCリーグ出身の海老原

今日の自主トレを終了して2人の感想は対象的だった

生田目の感想
高卒で人気の集めている選手がたくさんいる
自分は端っこであえて距離を置く
若い力に負けず大人の対応で技術をあげて勝負する

あくまで自分のペースを貫くつもりだ

対象的に海老原の感想
既にドラ2の野村とは打撃の理論について対話を重ねている
探求心を持って高卒新人にも質問攻めをし技を吸収していきたい

年の差関係なく、技術をどんどん盗み支配下登録を勝ち取りたいと意気込んでいるようだ

どちらが正しいとは言えないが流石の2人の最年長だけあって方針や意見がしっかりしている

早くもいろいろな個性が飛び交う日ハム新人選手たち

それぞれの個性、持ち味を生かし、1軍を脅かす存在になってほしい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

注目されるルーキーたち その裏で努力し続ける苦労人

年末から年始にかけて名前が絶えずに出てる選手がいる

ルーキーたちが入寮し自主トレなどが活発になり吉田輝星はじめ練習の鬼として万波などが注目されはじめている

しかし何かと名前が出るのは斎藤佑樹だと思う

大卒から30歳となった今でもずっと注目され続けている

甲子園のスター、大学でも数々の記録を残しドラフトでも4球団が競合

注目と実力を持ってプロに飛び込んだが中々飛び抜けた成績を残せてはいない

なのにこれほど注目され続けるのは何故か?

私が思うのは人柄だと思う

ハンカチ王子と呼ばれクールなイメージはあるが、誰からも憎まれないような優しい雰囲気

写真を取る際には清宮が斎藤の膝の上に座るなど後輩からも親しまれている

結果がずっと出ない中でもインタビューなどを見ると自分がやっている練習内容、克服すべき事など努力を素直に答えている

こういう姿勢がマスコミからも好かれファンからも好かれ根強い人気につながっているのだと思う

一部の人からは引退や戦力外など心ない言葉が浴びせているがそういう人たちは本当の斎藤佑樹を知らない人だと思う

辛抱強く練習を続け、周りからの声にも耐え抜いてきた彼は今シーズンこそ活躍するに違いない

ルーキーや清宮などの若手、新戦力で入ってきた選手らが注目されているが、1番の苦労人にも是非注目してほしい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

新庄と西川 2人の天才

とある番組で西川遥輝が

プロ野球選手の中で最も天才なのは誰か?

という質問に対し

新庄剛志

と答えた

選んだ理由は能力の高さとスター性という答えだったが私も確かにと思った

今でこそ新庄はおちゃらけたキャラクターで時々バラエティー番組に出ていて野球選手としての凄みを知っている人も減ってきている

しかし私の記憶では新庄という選手を現役のプロ野球選手で例えると

パワー 中田翔
走塁 糸井嘉男
守備範囲 西川遥輝
肩の強さ イチロー

盛っている訳ではなく野球選手としての能力の高さはそれぐらいあったと記憶している

特に印象に残ってるのが肩の強さ

センターからのバックホームはまさにレーザービームと呼べる球の強さでことごとく点数の献上を阻止していた

これにプラスしてスター性もあった

森本稀哲とのパフォーマンスや、オールスターでのホームスチール成功は今でも鮮明に覚えている

これほどスケールの大きい選手はしばらくは出てこないのではないか?

メジャーリーグでも活躍した新庄はイチローや松井秀喜と同等レベルで取り上げられてもおかしくない選手

その選手が日ハムでプレーした事自体がすごい事

そして今の北海道民から愛される日ハムの土台を作ってくれたのも間違いなく彼だ

これらの功績をひっくるめて西川が新庄の名前を出したのかもしれない

新庄と西川

2人の天才外野手が日ハムの歴史に深く関わるのは間違いない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

日ハム選手 今後のスケジュール

2019年が始まり、日ハム選手たちもシーズン開幕へ向け始動しています

この時期はそれぞれ自主トレに励んでいる時期ですが、キャンプ、オープン戦などのイベントも控えています

今回の記事ではシーズン開幕までの日ハム選手たちのスケジュールと各イベントについて書いていきたいと思います

簡単に開幕までのスケジュールを調べてみました

選手たちですが、2月からはじまる春季キャンプ オープン戦へ向け動いております

時間軸でスケジュールを表すと

1月

9日〜新人合同自主トレ
11日 新人選手研修会

※両イベントともルーキーが対象
※合同自主トレ終了日は未定

2月 春季キャンプ

1軍
1日〜12日 アリゾナ
15日〜25日 名護・国頭

2軍
1日〜23日 国頭

2月下旬 オープン戦
24日〜

3月
オープン戦続き
〜24日まで

3月29日〜
開幕戦in札幌ドーム VSオリックス

1月からはドラ1の吉田輝星選手はじめ新人選手は忙しいですね

ルーキー以外の選手たちも春季キャンプへ向け自主トレが本格化する時期です

春季キャンプ、オープン戦へ向け選手たちの動向に注目していきたいと思います

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

日ハム注目の有望株!1軍に割って入るのは誰だ?

戦力補強が一通り終わり来シーズンの先発予想などもぼちぼち出ている

ワンボーロンが加わったがある程度は昨年と変わらずの1軍メンバーが先発予想に上がっている

しかし2軍にもいい選手はたくさんいる

今回は筆者が昨シーズン2軍メインで活躍し、1軍での活躍が期待できそうな選手を3名ピックアップ

期待のサウスポー 北浦竜次

北浦は清宮と同期入団でまだ18歳

身長184センチ85キロ(2018年10月現在で91キロ)

高校時代は通算26本塁打最速147キロで二刀流として活躍

昨年の2軍での成績は

試合数18 投球回44.1 勝2 負2
防御率4.06 奪三振40 四死球17

北浦は1軍でも1試合に中継ぎとして登板し1回を三者凡退1奪三振で1ホールドを挙げている

2軍の成績で注目して頂きたいのが奪三振
ほぼ投球回と同じ奪三振を奪い奪三振率で表すと8.12
今シーズン得意のフォークを武器にして三振を量産した日ハムのエース上沢は奪三振率8.22
1軍と2軍で比較するものでもないが高卒1年目でこの数字は素晴らしい

何より1軍初登板となった試合で3者凡退1奪三振の快投を見せた

メンタルの強さも実証されている

そして今シーズンは身体も一回り大きくなり体重は85キロから91キロになった
球速も最速152キロと高校時代と比較すると5キロもアップ

発展途上の18歳、今後の進化が楽しみである

身体能力は超レギュラー級 平沼翔太

平沼はまさに走攻守三拍子揃った選手

2015年ドラフト4位で入団

高校時代は4番投手として敦賀気比高校を引っ張り2015年春の選抜では優勝へ貢献

高校時代は投手メインだったが日ハムの要望によりショートとして育成を受ける

ショートは未経験だがそれを感じさせないぐらいの上達っぷり

ファームの守備成績だが

2017年 52試合 11失策 守備率.945
2018年 76試合 13失策 守備率.963

ショートは守備能力が求められるが成績から分かるように着実に力をつけてきている

その上達を認められてか今シーズンは1軍でも出場する機会があり

7試合9打数3安打.333 失策1

失策はしたものの確実に経験を積んでいる

今シーズン注目したいのがファームでの打撃成績

367打数98安打3本塁打16盗塁
打率.267

慣れないショートを練習しながらそこそこ高い打率を残してるところに非凡さを感じる

本塁打も放ち、16盗塁と足もある

力もあり足もあり投手から野手へ転向した日ハムの選手といえば現阪神にいる糸井嘉男が思い浮かぶ

糸井は超人級の身体能力の持ち主だが平沼は身体は一回り小さいものの同じような空気を感じるのは気のせいだろうか

今後の成長が楽しみな選手の1人

近藤二世?今井順之助

日ハム屈指の打撃センスを誇る近藤健介

今井は入団して今シーズンが2年目

高卒2年目の20歳だが身体の大きさ、スイングの構え、ミートの瞬間など、近藤と被る部分が多いため筆者が勝手に近藤二世だと感じている

入団1年目の昨季はプロ初打席でタイムリーヒットを放つなどいきなり良い経験を積んだが今季は1軍出場無し

2軍の成績を見てみると

69試合224打数56安打3本塁打74三振
打率.250

試合数を上回る三振など打撃の荒さは否めない
そこそこの打率と本塁打を放つ長打力があるのは分かる

成績だけ見ると近藤二世とは言えない

直感の世界にはなってしまうが、近藤二世と思われる今井にも注目していただきたい


ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング
ギャラリー
  • キャンプ終了の裏側
  • キャンプ終了の裏側
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • 球持ち?キレ?伸び?
カテゴリー
お問い合わせ