オープン戦対DeNA見所は

今日から開幕戦に向け、残りオープン戦15試合

1軍の調整、レギュラー争い、開幕1軍への生き残りなど見所がたくさんある

今日の試合に限っては個人的には以下の点に注目して見てみる


マルティネスが実戦初登板

1年目にも関わらず昨シーズン、エース上沢に次ぐ活躍を見せた

オフはメジャーへ戻ると噂もされたが日ハムに残る事を決意してくれた

2年目の今季はどれほどの活躍を見せてくれるか?

昨シーズンの投球を研究され、各球団が対策を練ってくるのは間違いない

その研究を上回るピッチングができるか

今日の試合では、マルティネスの状態や投球スタイルは変わったのか?変化球は昨シーズン通りか?

開幕に向けての仕上がりに注目して見てみたい


ルーキー野手、出場する!?

この点については、先日札幌ドームでのオープン戦開幕にあたり栗山監督が

・1日の激励会でみんな一旦札幌に集まる
・野手に関しては何となく試合で使える状態か確認したい

とコメントしており、一通り野手を使ってみるかのような雰囲気を漂わせた

しかし昨日は卒業式の関係でドラ1吉田、ドラ4万波が激励会を欠席
札幌には来ていないと思われる

ドラ2野村とドラ6田宮が栗山監督の使ってみたいリストに入ってればもしかすると出場があるかもしれない

初札幌ドーム
出場すればどのような打撃を見せてくれるか、楽しみである


怪我の主力、状態は?

怪我で離脱していた中田、春季キャンプの疲労と右手首痛などが心配されていた清宮

お互いに札幌ドームでのフリー打撃で元気な姿を見せてくれたが、体の状態が試合にどう出るか

中田に関しては1ヶ月弱実戦から離脱している

また実戦が始まって間もなくの離脱だったため実戦感覚がまだ戻ってないと思われる

栗山監督も中田の起用に関しては
焦る必要はない
と慎重な姿勢を示していたため、起用するにしても1打席限りの代打のみになるだろう

清宮はやはり疲労が心配だ

昨年もオープン戦が始まった中頃に腹膜炎で離脱している

とりあえず体調第一で無理はしないでほしい

ポチッとしていただければブログを驀進していく励みになります
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

1軍を脅かす選手は現れるか!?

明日から始まるオープン戦

開幕まではオープン戦があと15試合

ふと思ったが、新戦力が1軍に加わったものの昨シーズン2軍で大半を過ごした選手で1軍へ加わってる選手はこれまでの練習試合などであまりいない気がする

これから先のオープン戦は1軍の調整がおそらくメインとなる

考えたら2軍がアピール出来るチャンスは限られている

ファームでどれだけの成績を残せるかでまず決まる

清宮は人気はもちろんだが、ファームでは試合数が少ないながらチーム内でダントツの17本塁打

1軍でも7本塁打を放つなど、2軍レベルではないことを実力で証明した

そしてその後はキャンプ、練習試合を通して順調にアピールを続けており1軍に残っていられる

だが1軍が安定した活躍を見せる中、2軍にチャンスはあるのか?

残り日数が少ない中、1軍がしっかり調整する事が最優先だが、2軍にもチャンスを与えてほしい

っと思いきや、2軍も明日から春季教育リーグがはじまり14日まで試合がある

その後16日からファーム開幕戦!!

なんとハードスケジュールだ

つまり春季教育リーグやファームで活躍すればまだ開幕1軍のチャンスはあるということか

今は2軍の人が露出する機会が少なく、1軍と2軍の実力差が開いてきているような気もする

やはり目立った活躍が必要

清宮のようにずば抜けた活躍が出来る選手が現れるか?
いや1軍や新戦力をかき回す選手が現れてほしい

ポチッとしていただければブログを驀進していく励みになります
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

栗山監督の厳しさと優しさ

日ハムが札幌ドームにて今年初練習

栗山監督がとあるニュースで放ったコメント

開幕まで残り15試合しかない
開幕までに間に合わせるんじゃなくて、少しでも早く完璧な状態にして後はゆっくり調整してほしいと選手に伝えた

栗山監督らしい厳しい言葉だが、同時に選手に危機感と士気を高めるような気持ちが込められているように感じた

1試合足りとも無駄にしてほしくないと選手に伝えているのだろう


そして肉離れ明けで練習に復帰した中田に対しては

慌てる必要は全然ない

と前者とは真逆の言葉をかけた

中田にとっては新戦力の活躍、激しい内野手争いなどを見てきて、キャプテンとしては頼もしく感じる一面、選手としてはやはり焦りもあるだろう

しかし栗山監督は中田に対し、慌てる必要はない
と言葉をかけることで唯一無二の選手で絶対必要な戦力だという意味も込めてるように感じる(誇張しすぎかな?笑)

栗山監督は選手の起用法や試合の采配だけでなく、練習という裏舞台でも選手の士気を高める言葉をかけ続けている

栗山監督の1つ1つの言葉にも注目してもらいたい

ポチッとしていただければブログを驀進していく励みになります
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

キャンプ終了の裏側

キャンプが終了し、これからいよいよオープン戦が本格的に幕をあける

選手たちはオープン戦に向けて休養中か?
もしくは自主トレをしているのか?

と想像しながらいろいろニュースや選手のインスタなどを漁る

今はインスタで選手のプライベートや自主トレの風景が見れる時代となり、プロ野球選手の生活が身近に感じられる素晴らしい時代になった

今日は中田のインスタから面白い画像があったので引用させてもらう

FullSizeRender
FullSizeRender


1枚目は日ハムのスターたちが並ぶ写真

中田が撮影したのだとすれば、睨むようにカメラをみる西川は相当なメンタル、いや、仲の良さが伝わる

2枚目が貴重で田中賢介と奥で余興のようなもののが行われてる

さすがはプロ野球選手のキャンプ打ち上げ

こんな豪華だとは思わなかった

そして日ハム選手以外にも関係者らしきお偉いさん方もかなりの数いる

1つのキャンプをするのに壮大はコスト、人力がかかっているんだと写真を見て感じた

改めて日ハム選手たちが背負ってるものの大きさが分かったインスタでの一幕

インスタからも目が離せません

ポチッとしていただければブログを驀進していく励みになります
↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

谷内と秋吉への親心

今日はヤクルトとの練習試合

日ハムとヤクルトといえば
高梨、太田⇔秋吉、谷内
のトレードでオフに話題となった

谷内はこれまでの練習試合で存在感を見せているが今日はさらにアピール

安定した守備が持ち味だったが、今日は豪快なホームランを放った

元々は守備の名手として入ったと思っていたが、レギュラーとして活躍できるほどのアピールを打と守でしている

指導するコーチの相性や環境が変わったことによりプラスの影響があったのだろう

ショートでレギュラー当確と思われていた選手会長の中島にもいい影響がありそうだ


秋吉は日ハムへ来て初登板

2アウト満塁の場面でワンポイントで起用されたが右打者の西浦をライトフライに打ち取り役割を果たした

秋吉は右のサイドスローであり、対右打者には相性がいい

中継ぎが充実している日ハムだからこそ出来る右打者へのワンポイント起用

昨シーズンは左打者へは公文がワンポイントで起用されるシーンがあった

試合終盤の大事な場面でのワンポイント起用や、他いろいろな起用法が見られるかもしれない


そしてこの試合で感じたのは栗山監督の気遣い

練習試合といえど、古巣との試合は特別な思いが2人にはあるだろう

昔のチームメイトとの対戦
いろいろな感情が出てくるのは間違いない

その思いを栗山監督が察して谷内をスタメン起用、秋吉をピンチでの登板とそれぞれに見せ場を用意した

しかしその起用にピタリと応えた2人も流石と言わざるを得ない

1つ1つの練習試合でも起用についてしっかり考え抜く栗山監督の親心は今シーズンも健在だろう

今シーズンも楽しい野球が見れそうだ

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

意外と空くんだね、と思いきや練習試合

2月24日から日ハムのオープン戦が開幕

ここから1ヶ月後の開幕までオープン戦ラッシュかと思いきや、次のオープン戦は3月2日とかなり日が空く

アリゾナキャンプ、現地での紅白戦や韓国プロチームとの実戦
沖縄国頭に戻り練習試合、巨人とのオープン戦ときて開幕まで秒読みかという段階での小休止

金子、王柏融はじめ新戦力たちが日ハム市場を盛り上げる中の休養だけあって日ハムファンとしてはもどかしさがある

と思ったが、今日26日はヤクルトとの練習試合があるみたいだ

ペナントレース同様ぐらいのスパンでオープン戦まで練習試合入れていくのかな?

ここまで振り返ると日ハムの戦力、これからシーズンで戦っていく陣営としては、かなり順調な仕上がりといえる

キャプテン中田やこれからブレイクするであろう渡邉諒が怪我で離脱してるのは残念でならない

しかしそれをカバーしようとライバルや仲間が存在感を見せつけようとしてる姿勢に心が打たれる

開幕まで後1ヶ月、オープン戦ラッシュというにはまだ早いこの段階で怪我で離脱してる戦力をカバーしようとしてる体制が日ハムファンとしては心強い

日が空くが3月2日のオープン戦はアピールすべく選手たちがどのような活躍を見せてくれるか楽しみである

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

開幕1.2戦目は上沢、金子で連勝確定かな?

今日は日ハムとしてはオープン戦開幕日

対戦相手は巨人

結果は

2対3

と敗戦

オープン戦初戦をものに出来なかったが、主力の調整という意味では多くの収穫あり

印象に残ったものをまとめてみる


開幕1.2戦目共演

怪我なく順調に調整がすすめばペナントレース開幕1.2戦目が確定している上沢と金子が登場

1.2回を金子、3.4.5回を上沢が投げた

金子の投球内容

2回無失点1安打1奪三振1四球

金子にとってはオリックス時代からカウントしても200日ぶり、そして日ハムとしては初実戦となったがブランク、新天地での緊張を感じさせない投球だった

牽制で2塁ランナーを刺すなど連携プレーも問題無し

ストレートも最速145キロ出ており35歳ながらまだまだ力は健在だ

変化球もカットボール、スライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップと2回と短い投球回ながら多彩に投げ分けた

今日は久々の登板であり2回のみだったが、先発投手として後はスタミナを確認出来れば非常に大きな戦力になるのは間違いない

上沢の成績は
3回無失点1安打6奪三振1四球

成績だけみても圧巻のピッチングをしたことが分かる

日米野球でアメリカを翻弄した高速フォークが今日も冴え渡り、フォークだけで3奪三振

開幕投手、エースとして最高の調整を見せた

しかし本人が試合後コメントでストレートに課題があると言っていた

確かに最速141キロとスピードは出ていなかった

おそらく時期がまだ早いため全力で投げてない事が要因だろうが、それで6奪三振は凄みを感じる

怪我なく開幕まで調整を続けてほしい

2人のここまでの調整が順調なのが伝わる今日の1戦

ペナントレース開幕2連勝は堅いか?


おにぎり2試合連続弾

おにぎり君こと横尾が2試合連続ホームラン

澤村のインコースストレートを力負けせず豪快に引っ張りレフトスタンドへソロホームラン

怪我でファースト中田、セカンド渡邊が開幕戦出場が微妙な中、どちらでも守れる横尾が好調なのは嬉しいニュース

石井が好調ならセカンド石井、ファースト横尾
清宮が好調ならセカンド横尾、ファースト清宮

また横尾は昨シーズンサードも守っており、サードの出場も可能

内野陣の調子に合わせてどこでも守れるのも一つの持ち味か

しかし横尾の持ち味はやはり長打力

ここまでは順調な仕上がりを見せている



他にも王柏融の実戦8試合連続安打
大田が古巣相手に1番打者としてマルチ安打

など明るい話題が多くあった1戦

一方で8安打4四球とチャンスがありながら2得点と大事に一打が出ない展開でもあった

これまでの実戦が噛み合い過ぎてたところもあったのでここらで小休止と考えてもいいでしょう。笑

ただ変わらず打線は好調に思える

このまま今年は破壊力抜群の打線と言われ続けてほしい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング




圧巻の大王とキング エラーはやっぱりあかん

今日は練習試合 対広島
リーグ戦3連覇とセ・リーグで最も強いチーム

日ハムもここまでの練習試合は好調

投打ともに総合力の高い広島と対戦する事で日ハムのチーム力が試される試合でもある

結果は

9対5

で見事勝利!!

中継がなく、成績だけの感想になってしまうが今日の内容を振り返ってみる


大王 7試合連続安打

王柏融が止まらない

今日も3打数2安打放ち
実戦7試合連続安打で打率は6割超え

広島左のエースジョンソンからもヒットを放ち、実力を証明した

ここまで打てばヒット状態

思い返してみれば台湾代表で出ていた王柏融はWBCなどの国際大会で日本の投手陣を打ち込んでいたイメージがある

台湾より日本の方が投手のレベルは高いはずだが、もしかすると王柏融は日本投手と相性がいいのかもしれない

しかしデータ野球の日本各球団が王柏融を研究しないとは思えない

対策された後にどう対応するかもこれから注目してみてみたい



有原、キングの投球

有原が3回無安打無失点2奪三振と完璧な投球を見せ強力広島打線を封印した

ストレートの最速は151キロとやはりエース級の力がある

しかし今日の見せ所はストレートじゃなくキャンプで磨いてきた高速ツーシーム

ここ数年は精度を欠いてるという理由で封印していたみたいだが、今年から苦手としている対右打者対策としてツーシームを取り入れた

この球は右打者のインコースをえぐる球

軌道的にはインコースのストレートように見える所から打者の手前で打者に向かってくるように曲がり詰まらせる事が出来る

この球で広島のメヒアを注文通り詰まらせサードゴロに打ち取ると有原も思わずガッツポーズが出た

強力広島打線がツーシームを織り交ぜた事で手も足も出ない、まさにキングの投球だった

さらに精度磨いていけば間違いなく勝ち星15勝近く積み上げられる投手になりそう



勝敗を分けかねないエラー

この試合ではエラーが4つ出てしまった

そして2つのエラーが失点につながった

さらに言えば今日の5失点は全てエラー起因で取られている

たらればだが、エラーが無ければ無失点に抑えていた可能性もある

昨シーズンもエラーが原因で落としてしまった数試合が記憶に鮮明に残る

1本のホームランより1つのエラーが勝敗を分ける事もある

日ハム野球は昔から守り勝つ野球が持ち味

打線が活発になると守備に気の緩みが出そうだが、やはり日ハム伝統の守り勝つ気持ちを持ち続けていただきたい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

打線の破壊力がすごいー!!

昨日の楽天との練習試合

12対4で勝利

連日の勝利だが、打撃陣が好調を維持している

特に活躍が著しかった3人の選手をピックアップ


止まらないワンボーロン
         
まずはワンボーロン

2打数2安打

紅白戦から6戦連続安打を記録しており、12打数8安打で打率.667

さすがに打ちすぎなので開幕までとっておいてくださいよと言いたくなる

また8安打の中身には本塁打やツーベースなど長打も出ておりミート力+パワーがあることを十分証明したのではないか

怪我なくこの打撃をキープできればシーズン終わりには打率4割も現実味を帯びてきた


ようやく1発が出た清宮

5打数3安打(1本塁打)5打点

実戦で1発が出ていなかったが、バックスクリーンへ豪快に放つ1発を放った

打ったタイミングが2人ランナーをおいた状態での3ランホームランで勝負強さも証明

別の打席ではランナー2.3塁でセンター前タイムリーも放ちポイントゲッターとしての役割を果たした

ホームランは外角の球を軽く合わせて押し込んだような形だったが、打球はぐんぐん伸びていった

このホームランで飛ばす事に関しては非凡なものがある事がわかる

この打撃が出来ればホームラン量産体制に入れるのでは?


今年の打撃は一味違う?大田

3打数3安打2打点

こちらも好調をキープしている

最近の練習試合では右打ちを意識しているのか流し打ちが多いような気がする

しかし大田のパワーでは流し打ちでもホームランな長打が打てるためマイナスには働かない

むしろ引きつけて球を最後まで見れてる事で好調につながっているのではないかと思う

慣れないサードの練習をしながらではあるが、打撃の練習を疎かにしていない事が分かる


他にも松本の3ランホームラン
2年目郡のタイムリーなど打線が活発な日ハム

この時期にして投打が噛み合ってるため、開幕までに調子の悪い選手が状態をあげてくれば最強チームになる事は間違いない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

白村野手転向 身体能力、適応力の高さに期待

白村投手が昨日野手転向を発表

2015年に
50試合防御率2.03奪三振率10.30
中継ぎとして驚異的な成績を残しブレークしたがそれ以降は成績は下降気味

栗山監督は
獲得する時から打つ方の可能性も考えてた
とコメントしており、白村へ野手転向を打診し決定

打撃成績に関しては交流戦含め打席はゼロでありどのような打撃をするか分からない

野球を初めてから大学までの経歴を見ても打者としての著しく良い成績は見られなかった

しかし経歴を見てると身体能力の高さ、適応力の高さは分かる

小5から野球をはじめ外野手としてスタート
中学3年の時は外野手と肩が強くキャッチャーも務める
途中で肩の強さを武器に投手をはじめた
中3の途中から投手を始めたが最速139キロのストレートを投げれるまでに

また当時は4番ピッチャーで活躍していたらしく中学のレベルは分からないが打力は悪くない事が分かる

高校では投手として活躍し高3の時点では148キロまで投げれるようになり甲子園にも出場

さらに直球は大学で磨かれ153キロまで投げれるように

中3で投手を始めプロで中継ぎとして2015年のような成績を出せるということに身体能力の高さ、適応力の高さが分かる

そして外野手として出場するなら肩の強さは間違いない

2016年に栗山監督が二刀流をやらせてみたいほど白村と上原は身体能力は高いとコメントしている

打つ、走る事に関しては非凡なものがあるともコメントしている

本人も野手転向に関しては前向きに考えている

身体能力の高さ、適応力の高さを存分に発揮できるか

すぐてはなくても、長期的に見て花咲く時がくれば嬉しい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

ギャラリー
  • キャンプ終了の裏側
  • キャンプ終了の裏側
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • ダルビッシュ訪問 inアリゾナキャンプ
  • 球持ち?キレ?伸び?
カテゴリー
お問い合わせ